image
        (前回の内容)

今日は、カード請求の領収書整理をしていました。

最近では、たま~に!使う、電卓。 

ふと、思い出す。自分のこと。

「私、日商簿記2級、持ってるんです。」

きっかけ、、、そうだ、思い出した。

結婚後、職探しをしてハローワークに通っていた時、
自分のキャリアアップになる資格をとりたくて、

職業訓練校に通おう!と思ったんです。
29歳だったかな。

で、何をしようか!と よーく考え、せっかくなら、
これから必要なことに使おうと、そのチャンスを。

ちょうどそのとき。主人が起業したばかりだったので、



私も一緒に起業の本を読んだりして勉強していました。

そこで、気になったのが、経営するには、複式簿記が必要・・・


つづき>>>

そこで、職業訓練校の経理コースに申し込みました。

簿記の3級と2級レベルの勉強ができ、
終了後試験を受けるというものでした。

でも、そのコースは人気のあるコースで、申し込みをしても抽選とのこと、、、。
結構倍率が高かったので、悩みましたが、
申し込みをしました。

やっぱりしたいことって、他では埋められない。

で、無事、そのコースに当選。

3か月ほど、訓練校に通わせていただきました。

そして、卒業後、日商簿記2級を受け、無事合格できました~。パチパチ♪

でも、簿記の資格を取ったからと言って、すぐに起業した事業の経理を
完全にできるわけでもない。
先ずは、ちゃんと経理の仕事をどこかでしてみよう!と思いました。

求人票を見て探し、近くの施設の経理でパートで働きました。
そこで、大きな組織の経理業務に携わり、末端の入力作業から、
実践で資格を生かすことができました。
本当に、良かったです。

職場では、本格的な経理を身につけ、自宅に帰ってからは、主人の経理の手伝い、、、。
ちょっと毎日が寝不足でしたね(*_*)
かなりやりがいがありましたが。

1年以上その施設で働き、主人の海外仕入れに同行するのを機に、退職しました。


初めての確定申告を迎えるにあたっては、税務署の無料の訪問型・ 
税務相談で記帳の指導をしていただきましたよ。

どうしても最初は、手書きでやってみたかったので、
手書きの複式簿記!に挑み、売り上げから仕入れ・経費から全て!
1枚ずつ仕訳(しわけ)伝票を起こし、出納(すいとう)帳につけ。。。。頑張りました!!

今から思うと、よくやったなあ、と自分でも感心します。

やっぱり、若さでしょうか?情熱でしょうか?
何か、一生懸命に、したかったんですね。



初めて迎える確定申告、しかも青色!申告まで、
手書き伝票・帳簿でできたことは、すごい達成感でした。 

その確定申告後からは、主人の知り合いのお父様が税理士をされているので、
月に一度のチェックをお願いしました。
もちろん、日々の実務は、私がしました。

その時、ようやくパソコンの経理ソフト(JDL)を使うようになりました。

でも、先にパソコンに慣れてしまうと、複式簿記の本来の仕組みが
わからなくなってしまうので、最初に手書き帳簿に挑戦できたのは、いい経験になりました~。

もう、それも10年以上前のお話ですね。。。


主人の仕事(大きいサイズの服・ネットショップ)を立ち上げから
今に至るまで、大変でした。

事業を10年、傍らで見てきて経営にも少し携わらせていただき、本当に勉強になりました。

事業には、「人・物・金」全てのバランスが整っていないといけない、と言いますが、
本当に、、、、泣けるくらい大変な経験をいっぱいさせてもらいました!!

一つずつ、失敗しながら、くじけそうになっても前に進み続けたから、
10年以上 事業が続けられたのだなあと思います。
もちろん、ついてきてくださったお客様と従業員の力は、大きいですね。


全てにありがとうっ(*^。^*) 

4年前からは、私は手伝いをやめ、家庭と子育て中心で居させていただきました。
そして、昨年末から、私はリースを作らせていただいています。

自分の道を歩むって、いいですね~(#^.^#)

これからは、すべて経験したことを活かして活動していきたいと、思います!


主人のネットショップは、こんなんです~。。。
私とは、テイストが全然!違う♪ 
大きいサイズのメンズ服「デビルーズ」です。
モデル・・・全部主人が自分でやってます (笑)

デビルーズ トップ