image


夕方娘と 散歩をしていました。

近所の可愛いお友達とママに会いました。

そこのお家は、代々 竹やぶを守っておられます。

今はちょうど筍シーズンがスタートしたばかり。

そのママと娘さんは、朝からお手伝いされているんですって。

女性と男性では、仕事の内容が違います。

おじいちゃんやお父さん、息子さんは、早朝から竹やぶで筍掘り。


男性陣が戻って来られると、

今度は、おばあちゃん、お嫁さん、娘さんが 筍を農協に出荷する仕分けや箱詰めなどを手伝うそうです。


そんな話を聞いて、私は、素晴らしい!って感じます。

守るべき土地や財産・恵みがあって、
それを家族で大切に守り、有効に使い、
また管理する。

素晴らしいと思います。


同時に、羨ましいとも思います。

皆それぞれ、自分に与えられた 生まれ持っての恵みや 才能、環境があると思います。

それを 活かせる力を持つって、
大事なことだと思います。


人間は、自分の良さがなかなか見えず、
何か全く違う物に 魅力を感じて走ってしまいがちだけれど、


自分自身を見つめてみる。

すでに生まれた時から与えられているものがあるはず。

または、もがいているいちに、
与えられた新たな環境があるかもしれません。

あとは、活かすことができたら、
輝き出します!

私は、そういう輝きに、心惹かれます。
決して目には見えないものです。