872db978.jpg

築約40年の日本家屋に越してきて、一年と数ヶ月。

最初は、不安だらけでした。

この家での冬は、2回めです。

今は 日本家屋のいいところばっかりが見つかります。

例えば、寒い冬の間は、各部屋の襖(ふすま)、障子や戸を閉め、個々に暖房ができます。
玄関も襖も至る場所の戸は、スライド式の引き戸。なんと場所をとらない仕組み!スペースの無駄がない。

もちろん暖かい季節は、窓や襖を開け、風通し良く、用途によっては二間続けて開放的に部屋が使えます。

壁は、うちは土壁です。
外からは杉板などで保護されていて見えないけれど、土壁なんです。

冬は、押入れを開けたままだと、とっても寒い。

だって、押入れの奥の壁は、土壁で、その向こうはお外。

気密性、、。私は建築に詳しくはないので、最初 とっても気になりました。気密性の高い方がいいと思っていました。

もちろん、日本家屋は隙間もあります。昔のままの建具(窓など)の隙間。土壁ですし、床もセメントの基礎ではなく、土の上に 木組みされ、家が建っています。
そう考えると、家は ただの箱ではなく、人間が住むために自然から素材を頂戴し、共存している。
家は生きている・呼吸しているんだな、と感じるようになりました。



夏は、特に涼しいです。風が通るように、窓の配置や部屋の取り方になっていて、す~っと風が通ります。

日本家屋は、日本の気候に合った、冷暖房のない時代に良く考え抜かれたられた設計なんだな、と思います。

真夏でも、二階は案外涼しいんです。瓦屋根のおかげでしょうか。

冬は、気密性が低いため、寒いです!でも、マンション住まいで冬の悩みの種だった結露がありません。

きっと、家自自体が 呼吸しているので、湿度も自然に調整してくれるんですね。

冬は、特に風呂場や脱衣所が寒い。でも、エアコンを取りつけるスペースはない。そこで、うちは小さな電気ヒーターを脱衣所の足元に置き、お風呂の時間だけ使っていますよ。

床暖房などしたら良いのかもしれませんが、すごい費用にびっくりし、うちは、却下でした。

さて、
昔の家は、北側に台所があります。

北側は、陽が当たらないので、台所や貯蔵スペース、寝室などには向いているんですよね。

でも、現代は、台所にリビングがしたら隣接しているところも多く、
我が家も子育て家庭。なるべく食卓近くで常に家族が集うようにしたいな、と思っていました。

いざ、この家に引っ越した時は、キッチン・ダイニングの暗いこと。 日中も陽が当たらず、電気をつけないといけない。外はポカポカ陽気なのに、キッチンは寒い。

主婦としては、かなり憂うつでした。

そこで、1年めの冬に気が付いたたんです。

南側の日当たりのよい最高の場所に縁側。
冬も、ぽっかぽか。

まだ慣れない家を前に、思いました。来年からは、冬はこのポカポカの縁側で過ごせるようにしよう~。

そして、まだその時は想像もしていなかった、1年後のこの冬は、ありがたいことに 日中は縁側や和室でリースを作って過ごせるようになりました。

土の上に 木の柱で組んだ家。とっても自然でありがたい。

大原野の古民家を探されている方が 、私のまわりで5人もいます。

自然に囲まれ、自然な家で 自分らしく生きられたら、最高だなあと思います。